刷新

刷新という商標
刷新は、Dekker Chrysantenで常に重要な位置を占めてきました。特に新しい品種は、国際消費者の菊花に対する興味を維持しています。当社は継続して新しい品種を品揃えに追加しています。それらは世界で最も多く栽培され、販売される菊花の品種となっています。

設備


刷新を十分に行うには、最適な設備が必要です。当社の生産部門では、理想的な環境のもとで、明日の品揃えのために努力します。マーカー技術のような刷新的技術は、育種を大きく前進させました。このDNA方法で育種段階の早いうちから品種が実際にどのように育ち、病気や害虫に対してどのような耐性を持つかが明らかになります。

 
 

商業的な付加価値を持った品種


組織培養により、新しい品種が実際に植え付けに適するようにします。最初は小規模から始め、後に量を増やします。当社は常に育種の新しいアイデアを監視し、それらはデータや育種ソフトウェアで幅広くサポートされます。平均して4年が経過すると、新しい品種の本当の商業的な観点が明らかになります。そのため、新しい品種は、まずヘンスブルックの当社の生産設備で大幅に生産します。

Dekker Chrysantenは、選別された新しい品種を市場に導入することで知られています。品揃えにとっての付加価値を持つ品種のみが、ゴールラインに到達します。それにより、生産者および取引業者は、品種が利益をもたらすことを確信できます。

Dekker Exclusive


Dekker Exclusiveは、Dekker Chrysantenの独自の生産拠点で、新しい品種の潜在性を小規模で試験します。週に品種ごとに3000-3500本の茎が栽培され、輸出業者の固定グループに割り当てられます。Dチームの利点は二重です。栽培専門家は、新しい品種の栽培技術の要件について、より理解を深めます。そして取引との直接のつながりが、Dekker Chrysantenのマーケティング活動にとって貴重な意見をもたらします。