社会的責任を果たす

時代にあった企業
昨今、株主は企業から良い利回り以上を期待します。企業は、世界をより良くするための役割を担います。Dekker Chrysantenでは、そのような責任を積極的に、真剣に果たします。当社が家族経営であることも、社会にさらに寄り添う所以です。

社会的責任を果たす


当社の分野でリードを担うことは重要ですが、自然と協調する方法で行います。当社の生産拠点では、生産する菊花に使用されるエネルギーの継続的還元に努め、近代的な断熱温室や刷新的な節約技術を使用しています。タンザニアで生産することで、暖房設備がなくても最適な気候を利用できます。水の使用は少なく、肥料は再利用されます。

 
 

農薬の削減


農薬の使用は、有機的害虫駆除の台頭により、菊花の栽培において昨今著しく低減しました。IPM(総合的病害虫管理)が現在の標準です。Dekker Chrysantenは、化学物質の使用をさらに削減することができると考えます。そのため、耐病性を育種の重要な一部と考えます。当社の刷新的なマーカー技術により、新種の病気や害虫に対する耐性について、育種段階で早めに評価することができます。

人々


社会的責任は、当社の社員に対しても果たされます。それが意味するのは、安全な仕事環境を作る、各人に同一の可能性を与えて能力を発揮させる、各自に生じる責任を与えることです。オランダ国内のみならず、当社の海外拠点でも同様です。

当社は、地元のコミュニティーを支援します。多くの雇用のみならず、材料やサービスに出資して教育を奨励します。もう一つの当社の社会的参加の側面は、公平な仕事を行うことです。当社の取引業者と当社がともに向上できるような方法で行います。

 
 

認定

Dekker ChrysantenはMPS認定されています。タンザニアの拠点はMPS-GAP認定されています。

MPSについて、詳細を見る

環境に配慮した菊花づくりをどのように行っていますか。

詳細を見る