環境への配慮

環境に配慮した菊花
環境への配慮は、包括的な理解です。エネルギー、人々の扱い、炭素排出量の削減、そしてその他多くのことに関連します。特にDekker Chrysantenにとって環境への配慮とは、より良い世界に向けて努力することです。

最適な気候は環境のためにも


WKK(熱電併給)の使用にあたって、当社はすでに大半の電気需要をヘンスブルックで供給しています。覆いは暖かい温度を保ち、気候調節のための設備やシステムは、最低のエネルギー利用および長期の耐用年数を考慮して選別されます。また、長年にわたって、タンザニアという、気候的環境が菊花の栽培に理想的な国で生産を行っています。そこでは最低限のエネルギー入力で生産できます。

 
 

農薬使用の低減


総合的病害虫管理(IPM)は、昨今の標準です。強調されるのは、有機的害虫駆除の使用です。必要不可欠な場合のみ、益虫の使用に化学的調整が伴います。そのようなアプローチで、菊花栽培における化学物質の使用は大幅に減りました。また、Dekker Chrysantenではネオニコチノイドを含まない物質を使用して、蜂に配慮しています。

Dekker Chrysantenならば、化学物質の使用はさらに削減できます。病気や害虫に対して自然に強化された品種は、健康を維持するための素早い世話がより少なくてすみます。DNA技術により、すでに当社の育種段階の最初から、病気や害虫に耐性のある品種を選別できます。

社会的参加


Dekker Chrysantenの社員は、視点を持った仕事を期待できます。社員は、能力を発揮できるよう可能性を与えられ、各自に責任が付与され、すべての社員にトレーニングが提供されます。それにより、自身を開発するのみでなく、Dekker Chrysantenの会社として、さらなる開発に貢献します。

当社は、仕事を行う環境において、付加価値のある企業でありたいと思います。タンザニアやコロンビアといった海外の拠点では、当社が活動する環境にとって、さらに多くを意味することができます。生産現場にいる当社の社員は、公正な取り扱いを期待できます。当社は良い給与を支払い、安全な仕事環境に配慮し、彼らの意欲が社会的キャリアにつながるよう、可能性を与えます。当社の生産現場の地域の学校は、材料の支援を期待できます。当社の存在により、地元の経済がさらに潤うような仕組みづくりを行っています。

 
 

仕事環境


当社の社員が活動する場所がどこであっても、安全で良い仕事環境を期待できます。自動化・機械化により、園芸における肉体労働の多くは不要になりました。当社は可能なかぎり、仕事をより快適で、やりがいのあるものにするための方策を選択しています。

公正な仕事を行う


当社は家族経営であるため、短期的な勝利を意図していません。次世代のための継続性を目指しています。当社の顧客にとって、魅力的なビジネスパートナーでありたいのはそのためです。当社の営業アプローチの中心にあるのは、当社のビジネスパートナーにも何かメリットがあるようにすることです。同意した内容を実行すること。そして、お互いに品質を認識・使用し、共に次のステップを踏み出せるようにします。