社史

未来の社史...
Dekker Chrysantenの60年にわたる歴史を振り返って、一つ印象深いのは、ヘンスブルックでどれだけ多くの刷新が日の目を見てきたか、ということです。改良は、菊花の育種および繁殖の未来を頻繁に変えてきました。市場で状況打破にもつながった新しい品種。生産、取引およびマーケティングで採用された刷新。Dekker Chrysantenは過去よりも未来を見すえる会社です。しかし一度だけ、このページで過去を振り返ってみましょう。

1959

最初の温室でDekkerファミリーがトマトを確認。

 
1959 1 500
 
1962 2 500

1962

最初のボイラー室では「普通に」重油が積まれていた。前方に見られるのが、Cees Dekkerの最初の温室。

1963

Niek Dekkerが最初の菊の束を「公式に」手向けることができる。

 
1963 1 500
 
1972 1 500

1972

Dekker Chrysantenは真の家族経営会社。Dekkerの4人の兄弟が誇らしげに写っている。左から右へ:Niek、Dick、JanそしてCees。今でも同様に家族経営であるDekker Chrysantenを誇りに。

1974

WKK(熱電併給)は園芸の世界でまだ知られていなかったが、Dekker Chrysantenでは1974年にすでに導入。4年後の1978年には、より大型の設備で性能をスケールアップ。

 
1974 1 500
 
1974 2 500

1974

人工の光で栽培を行う最初の会社の一つとなる。

1975

変換されたボイラーは、最初の排ガス冷却器となり、600 ˚Cの排ガスを排出。

 
1975 1 500
 
1975 3 500

1975

再びDekker Chrysantenが素早く導入。オランダで最初に生産する一社として、ブロック体の土で栽培。

1980

Dekker Chrysantenは今や芽の繁殖者もかねる。最初の芽が顧客の元へ配送される。

 
1980 1 500
 
1988 1 500

1988

Dekker Chrysantenの25周年のお祝いは遅ればせながら、25年はやはりパーティー。

1989

Niek DekkerDekker Breedingの名で新しい活動を開始。

 
1989 3 500
 
1989 1 500

1989

Dekker Kooymeerのオープンにより、新しい社章が誕生。Cees DekkerVBNの会長Van Doesburgおよび副市長Van der Venが乾杯。

1989

ロボット化が導入され、働きやすく経済的に、拡大を続ける芽の販売に照準を合わせる。

 
1989 2 500
 
1993 2 500

1993

羽を広げるDekker Chrysanten。ブラジルで最初の海外生産拠点を開く。

1998

国際的拡大がさらに続く。タンザニアにも生産拠点ができる。

 
1998 1 500
 
1998 2 500

1998

ユーロが導入され、通貨の名が花に。Cees Dekkerの傍でVan Aartsen大臣がその菊花を祝す。

1999

最初の緑の玉房Santini「オノヨーコ」が誕生。世界で有名なジョン・レノンとオノヨーコのベッドインから30年、然るべくアムステルダムのヒルトンホテルで祝福。

 
1999 1 500
 
2000 2 500

2000

Dekker Chrysanten以外に誰が芽用スロット式機械を考え出せたか。当社の創立者の一人、Cees Dekkerによる考案。

2005

ノーベル賞受賞者のネルソン・マンデラを独自の菊花の品種Madiba®で表彰。品種導入活動により、250.000ランドがネルソン・マンデラ子供基金のために集まる。

 
2005 1 500
 
2008 1 500

2008

コロンビアで試験所をオープン。

2009

Dekkerセレクションを導入。様々な形状と色を独自に展開したミックスボックスは、フルカラー印刷のボックスで魅力的なパッケージ。

 
2009 1 500
 
2011 1 500

2011

Dekker Chrysantenが超近代的な設備を持つ新しい拠点をヘンスブルックにオープン。

2013

有機の作物防護が導入され、これ以降、益虫が病気・害虫対策で化学物質の一部に取って代わる。

 
2013 1 500
 
2015 2 500

2015

DNAのマーカー開発が育種にとって未知の新しい視点を提供し、品種の出来栄えを事前に予測できるようになる。

2016

18台の新しいスロット式機械を使用することで生産能力が急上昇。

 
2016 1 500
 
2017 1b 500

2017

品種Kennedyがツートーン技術とともに導入される。白い一輪花を2色に染色できるという前代未聞。

2018

Dekker Chrysantenは新しい下水処理施設の使用を開始。

 
2018 1 500
 
2018 2 500

2018

多くの市場で依然人気が高い菊花の種類、Pluis菊花だけで構成したDekkerセレクションを提供。

2018

Dekker Chrysantenは時代にあわせ、その企業スタイルガイドを変更。

 
2018 4 500

協力すれば単独より強くなれる

だから当社の知識を共有します